Sarreguemines(サルグミンヌ)窯より「SAPHIR」シリーズのコンポティエ、フルーツを飾るための器です。大変エレガントなフランスらしい食器だなと思います。お花柄が多いフランスの古い器の中で、宝石のサファイアをモチーフにしたものはめずらしいのではないでしょうか。

1900年前後のお品になります。経年によるうっすらとした着色や大きなものを含め全体的に貫入が入っております。貫入に混じり2cmほどのライン、製造時の窯傷などもあり、アンティークの器らしい雰囲気を醸し出しています。こうした雰囲気がお好きな方におすすめの商品です。

※ご購入前に「はじめにお読みください」をご確認いただけますようお願いいたします。

*フランスアンティーク*サルグミンヌ「SAPHIR」コンポティエ

¥11,000価格
  • 直径約22㎝、高さ約12㎝、台座の直径約11㎝