パリの蚤の市で見つけたオーバルのラヴィエ(前菜用のお皿)。

DIGOIN SARREGUEMINES(ディゴワンサルグミンヌ)のものです。

可愛らしい小花が金彩で描かれています。

1920年以降のものと思われます。底が不安定で少しぐらつきがあります。また、表から裏につながるラインがあります。その他貫入や金彩のはげなどありますが良い雰囲気のお皿です。

※ご購入前に「はじめにお読みください」をご確認いただけますようお願いいたします。

*フランスブロカント*ディゴワンサルグミンヌ 金の小花のラヴィエ

¥3,800価格
  • 約21.5㎝×約14.5㎝、高さ約3㎝